離婚と子供のこと

未成年の子供がいる場合,子供の親権者をどちらにするか,養育費はいくらにするかなど,子供をめぐる問題につき一つ一つ解決していかなければなりません。

そこで,以下では,未成年の子供がいる夫婦が離婚する場合に問題となる,親権,監護権,養育費,面会交流について説明いたしますので,ご参考にしていただければと思います。なお,より詳しい内容につきましては,各ページをご参考下さい。

親権

親権とは,子の監護教育や財産管理などを行う権限のことをいいます。父母婚姻中は共同親権であることが原則ですが,離婚をすると父母のどちらかしか親権者になることができません。そのため,父母ともに親権者になることを希望している場合では,親権をめぐって大きな紛争に発展するケースもあります。

監護権

監護権とは,身体上の監督保護をする権利のことをいいます。夫婦が同居生活を送っている場合には,共同親権者として子供の監護を共同して行いますが,夫婦仲が悪くなり夫(又は妻)が子供を連れて一方的に別居するなどした場合には,子供の監護権をめぐって大きな紛争に発展するケースがあります。

養育費

養育費とは,未成年の子供が生活するために必要な費用のことをいいます。親は子供に対する扶養義務を負っておりますので,親権者とならなかった親も,子供の監護養育に必要な費用を分担する義務があります。そのため,親権者となった親は,親権者とならなかった親に対して子供の監護養育のための費用の分担を請求できます。

面会交流

面会交流とは,非監護者が子供と直接会ったり,面会以外の方法で意思疎通を図ることをいいます。上述した夫婦仲が悪くなり夫(又は妻)が子供を連れて一方的に別居するなどした場合に大きな紛争に発展するケースがあります。

 

  • 親権者はどのように決まるんだろう
  • 親権と監護権ってどう違うんだろう
  • 養育費っていくらくらいもらえるんだろう
  • 子どもに会うためにはどうすればいいんだろう

このような疑問をお持ちの方は,当事務所にご相談ください。

 

予約専用受付

0280-21-1551(相談受付時間 平日平日9:00~21:00・土日祝日9:00~21:00)

ご予約で夜間も相談対応いたします。

離婚問題の力強い味方。5人の頼れる身近な弁護士がサポートいたします。